Stellar M22(ステラM22)はイスラエルのルミナス社によって開発されたIPL治療機器で2021年2月9日に薬事承認を得ています。また、米国のFDA(アメリカ食品医薬品)においても承認を得ています。
光を照射すると生じる熱エネルギーで、シミ・そばかすの原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因である血液中の赤いヘモグロビンにダメージを与え、症状を改善に導きます。
そのほか、光の熱で皮膚の細胞が刺激されることにより、自然治癒の過程でコラーゲン生成が促進され、肌のハリ感がアップする効果も期待できます。
Stellar M22には、9種のフィルタが装備されています。
これまで5種(560nm、590nm、615nm、640nm、695nm)のフィルタが承認されていましたが、Stellar M22の承認とともに、9種のうち6種のフィルタが承認を取得致しました。
新たに承認を取得したフィルタは、到達度は浅いもののメラニンに吸収されやすい515nmの波長を照射できることから、皮膚の浅い層に存在するシミに対して切れ味が良く、より高い治療効果が期待できます

フォトフェイシャル ステラM22
専用フィルタ 対応する症状
515nm 皮膚表面に近い位置にあるシミなど
560nm 皮膚表面に近い位置にあるシミ、毛穴、小ジワ、ニキビなど
590nm 赤ら顔(毛細血管拡張症)、ニキビ跡の赤み
615nm 515nmや560nmで取り切れなかったシミなど
640nm 515nmや560nmで取り切れなかったシミなど
695nm 肌深層部のシミや毛穴、小ジワ、脱毛
755nm 肌深層部のシミや脱毛
Vascular(血管専用フィルタ):530~650nm、900~1200nm 赤ら顔、毛細血管拡張症、内出血など血管性病変に特化
Acne(ニキビ専用フィルタ):400~600nm、800~1200nm 炎症を抑えてアクネ菌を殺菌するニキビ治療に特化

アフターケア

Stellar M22による施術は1回でも効果が実感できますが、施術を継続して繰り返し受けることで肌の質感アップや透明感が増し、トラブルのない健康的な肌へと導きます。
施術回数は3回~5回の施術が一般的です。
施術頻度はターンオーバーの周期に合わせて4週に一度程度の間隔が推奨されています。
また、最後の治療を受けてから一定の期間が空いた場合でも、急激にシミや赤みといった症状が再発することはありません。個人差はありますが、数カ月は効果の持続が期待できます。
照射直後IPLを照射したシミの部位に赤みが生じる照射2日~3日後赤みが引いて、一時的にシミが濃く見える照射5日~6日後シミが黒くなり、照射から1週間程度で黒くなったシミが剥がれ落ちます。

料金表

ピーリング(グリコール酸 or サリチル酸)+フォトフェイシャル 顔全体 ¥25,000
顔全体 ¥20,000
頬・鼻のみ ¥15,000
フェイシャル(ステラM22)初回トライアル(顔全体) ¥12,000
ビタミンA導入 +¥6,000
ビタミンC+トラネキサム酸 +¥6,000

承諾書

現在、準備中